英語による学位コース(中国)



現在の日中関係が緊迫している状況であることは間違いなく、国内市場が縮小して行く日本にとって中国市場の重要性が拡大する事はあっても低下することは考えられません。世界中の先進国や新興国でも共通しています。この2大学の入学条件や学費で留学が可能な英語圏の大学はごく少数の下級レベルになりますが、この2大学は中国ではもちろん世界的にも認められている名門大学でもあります。
英語による学位コース(中国)

なぜ中国?

世界には約17,000校の大学がある。中国には約1800校の大学がある。

1950年中国の大学に学んだ留学生数は20人。2009年には26万人そして2020年には50万人以上の見込みになると推測される

中国は、世界第二位の経済大国。10年以内にトップのアメリカを超える見込み

1億2900万人の旅行者が中国を訪問(2014年)年々増加!

本プログラムは、留学生教育の質を高めるという使命を共有する世界の名門大学とパートナーシップを築いているINTO University Partnershipsが南開大学と東北財経大学と共同で実施している留学生対象の英語による学位プログラムです。

(INTOの詳細:英文)  http://www.intohigher.com/china/en-gb/home.aspx

欧米大学との費用概算比較(1年間)

  南開大学 イギリス大学 アメリカ(私立大学) アメリカ(州立大学) アメリカ(コミカレ)
授業料 約86万~ 約250万 約200~400万 約150万~250万 約100万~150万
生活費(寮費・食費) 約56万~ 約200万~250方 約150万~250万 約150万~250万 約150万~250万
合計 約142万~ 約450万~500万 約350万~650万 約300万~500万 約250万~400万